知らずにいると損をする!LCCが安いのには理由がありました!!

- 知らないと損をする意外と知られていないLCCの落とし穴

一輪の菊の花

知らないと損をする意外と知られていないLCCの落とし穴

ホトトギス
国内へ旅行に行くとき、どのような移動手段を使いますか?
近場であれば電車や車、のんびりバスというのもいいでしょう。
しかし、目的地まで少し距離がある場合、どのような移動手段がいいのでしょうか。

せっかく旅行に行くのなら、時間とお金を節約し、その分レジャーや食事に使いたいですよね。
このようなとき、一番おすすめしたいのが「格安航空券」です。

知らないと損をする意外と知られていないLCCの落とし穴

「えっ、それって飛行機じゃないの?飛行機って航空チケットが高そう」とお思いの方も少なくないようです。
確かに少し前までは、飛行機は高い、というイメージが強かったと思います。
しかし、近年ではLCCの格安航空チケットというものがあります。

LCCとはLow Cost Carrier(ローコストキャリア)格安航空会社のことです。
テレビや広告で聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
有名なところですと、Peach、ジェットスター、アイベックスといった航空会社です。

では何故、これらのLCCは安い料金で飛行機に乗れるのでしょうか。
それは、一般的なサービスなどが有料になっているからです。
例えば大手航空会社ですと、荷物を預ける際、搭乗手続きを済ませ荷物を渡すだけだと思います。

しかし、LCCは持ち込める荷物に規定があり、それを超えると有料になってしまうのです。
せっかく入手した格安航空券、空港に着いてから追加料金が発生します。といわれてしまうと、少し損をしたような気分になります。
そうならないためにも、LCCを利用の際、注意をしておかなくてはいけないことがあります。

航空チケットを格安で購入する方法

なんといってもこれが一番気になるところではないでしょうか。
おすすめしたいのが、各旅行会社で販売されているものです。
旅行会社のサイトを見てみると、国内激安、最安値、などと書かれているツアーやプランがあります。

このように書かれているツアーは、割引されているのでおすすめです。
ではもっと安く購入する方法はないのでしょうか?実はあるのです。
それは、早期予約という方法です。

早期予約とは、だいたい一ヶ月前から予約をすると、航空チケットが安く購入することができるというものです。
早めに計画を立てて早めに予約をしておくと、その分安く購入できます。

LCCの持ち込める荷物規定と料金

先ほど少しお話しさせていただきました、LCCで持ち込める荷物の規定についてお話しさせていただきます。
まず一般的な航空会社と比較をすると、「何故?」と思われる方もいらっしゃると思います。
何故荷物を預ける際に追加料金が発生してしまうのか。

LCCは、座席幅を狭くして、その分乗客を増やす。その他様々なコストカットとサービスを有料化することによって、チケットの料金を抑えています。
このことから、規定以上の荷物になると追加料金が発生してしまうということです。
基本的に機内へ持ち込める荷物は2つまで、合計重量が10kgと決まっています。

持ち込める荷物のサイズは、高さ+幅+奥行き=合計が115cm以内で各辺が55×40×25(cm)以内に限られたもの。
この規定サイズで収まれば無料、荷物の持ち込みに追加料金は発生しません。

手荷物カウンターで預ける場合、1個あたりの重量が20kg、3辺が203cmまでとされています。
高さ+幅+奥行き=合計203cmまでなら問題はないということです。
このようにサイズですとなかなかわかりにくい部分もあるかと思います。

参考までに機内に持ち込める荷物の目安として、バックパック、あまり大きくないキャリーバック、これくらいの大きさのものですと持ち込みに料金は発生しません。
また、レジャー目的で大きな荷物を持ち込むこともあるかと思います。その際にかかる追加料金はこのようになっています。

料金は路線や行先によって異なりますが、一般的なゴルフバックやスキーのサイズで、1つにつき1,440円~3,650円程度となっています。
金額は各航空会社により若干の違いはあります。参考までにお考えください。

荷物のサイズを確認する

意外と見落とされているのが、この荷物についてです。
規定はバックパックくらいのサイズと、あまり大きくないキャリーバックです。
一泊二日くらいの旅行であれば問題なく持ち込めると思います。

ゴルフやスキーといったレジャーを楽しむという方は、ご自分の荷物のサイズを確認されてから空港に行かれることをおすすめします。
また荷物追加の際、支払方法はクレジットカードのみになりますので、こちらも合わせてご注意下さい。